サブメニュー

契約手続きに必要な書類

カードローンの申込みの特徴の1つとして、保証人や担保が不要という点があります。これはカードローン利用者が多い理由の1つですが、保証人や担保が不要であれば、必要な書類が少なく、手間がかかりません。その為、カードローン申込時に必要な書類はそれ程多くはありません。

 

ただし、必ず必要なのが本人確認書類です。申込者本人であるという証明を取らなければ、不正契約で他人が、自分名義で契約されるリスクも発生してしまいます。本人確認は契約全般において必要となりますが、カードローンも同じです。逆にいえば、本人確認書類のみで契約ができるカードローンは、手軽にお金を借りる方法として優秀といえます。

 

ただし、カードローン契約時には、収入証明書類が必要な場合もあります。その人が申告した収入を本当に得ているかの証明書類で、給与明細書や源泉徴収票などの書類を求められる場合があります。

 

申込みから契約まで早くに進み、最短で当日中に借りられる即日キャッシングであるとしても利用における条件には違いはないので注意が必要です。

 

また、なぜ収入証明書類が必要なのか、それは過剰な貸付けを抑えるためです。カードローンで借りたお金は、最終的に完済しなければなりません。しかし、返済できないほどの大金を借りてしまうと返済は難しくなります。そこで多額の借入時には、きちんと返済できるだけの収入があるかどうかを、きちんと証明しなければ借りられない場合があります。